上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
かぼちゃ や じゃがいも など最近お裾分けをいただく事が多い。

今日いただいたのは 




実は栗をいただくのは初めて。
どう料理をしていいのやら?

職場で 『まずは皮剥きから』 と言われたが
結構大変じゃない?栗の皮むき。

最近栗ご飯をしたというN嬢、普段は肩凝りとは縁遠い彼女でも
腕が疲れて肩凝りになったらしい。

そうなると今の私に栗の皮むきは無理だ!

というのも、5月の事務所移転準備のペンキ塗りに始まり、
畑の土耕しで腕を酷使したらしく夏辺りから右腕の外側のスジや
肘の関節が痛くなり、それが段々ひどくなって耐えられなくなって
病院に行ったところ 『上腕骨外側上顆炎』と診断された。

一般的に “テニス肘” と呼ばれるもので腕を酷使した事によって
スジを痛めた事が原因らしい。

治療は注射とシップと痛み止めの薬。
あれから数ヶ月、マシにはなったものの完治はしていない。

でも完治しない場合は “手術しかない” と言われているが
これしきでメスを入れる気にもならず、騙し騙し日々過ごしているのだ。


そんな私にとっては栗の皮むきは厳禁である。


こまったな~と思ってたらこんな方法を発見。 ↓

http://marron-dietrecipe.com/washoku/washoku_kurimukikata.html

早速、圧力鍋で試したところ

kuri.jpg 

簡単には剥けるがちょっと茹ですぎた感がいっぱい。。。

でも鬼皮も渋皮もぺろりと剥けたので茹で時間を調節すれば
充分使える方法だ。

さあ、剥いた栗をどのようにして食べようかな~。


2011.10.18 Tue l あれこれ l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。