上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日 某局の 『ケンミンショー』 でやってた内容。

大阪人はペアでいると ボケとツッコミ の役割が決まっている。と。

実際インタビューしてた街行くカップルや友達や、
有名一流ホテルのフロント係りの人までしっかり役割分担が出来ていた。

そんなの常識やん! (兵庫県民ですが)


私たちの場合 旦那はんが ボケ で 私が ツッコミ。


食べ物の趣味も、旅行の趣味も、色んな考え方も正反対の私たち夫婦。

唯一の合うところが 『笑いのツボが一緒』 と言うことだ。

それと私がツッコミをいれると、正しいボケで返してくれるところ。

それで夫婦が成り立っていると言っても過言ではない。(本当か?)



青森県出身の旦那さんを持つ職場のN嬢は一言。

『うちの旦那、面白くないねん・・・』

彼女曰く、関西人の女性は男性に 『面白さ』 を求めるけど
東北人は 『真面目さ』 を求めるんだそう。。。

吉本好きな青森県人の旦那さんは何かと面白いことを言おうと努力はするが
全然面白くないらしい。。。

そりゃ、生まれ育ってから笑いの英才教育を受けている関西人には
かなうわけないか。。


ケンミンショー では ボケとツッコミ の役割が決まっていることが
“すご~い” と感心していたが、実際すごいのは

その役割がその場面や相手によって入れ替わることが出来る言うところだ。

私も ボケとツッコミを自由にあやつれる立派な関西人です!


2011.10.09 Sun l あれこれ l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。