上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

先日の木曜日、日本語教室の今期開校日でした。

 

たくさんの人が集まって今年も1年頑張るぞ==。

 

と誓ったのですが・・・・

 

 

話は2週間前の木曜日。。。。

 

今年度の日本語教室開校にあたって講師達のミーティングがありました。

 

この日のメインイベントは

 

『今年は何クラス担当?』 です。

 

私が所属している国際交流協会の日本語教室は3つのクラスに分かれます。

 

初級Aクラス・・・初めて日本語を習う

初級Bクラス・・・仮名の読み書きができ、基本的な

中級Cクラス・・・基本的文法を習得、ある程度の会話が出来る

 

私は去年はAクラス・一昨年はBクラス担当でした。

 

今年は何クラスかな~。

と配られた用紙を見てみると・・・・

 

今年はCクラス担当です====。

 

予定外、想定外、私やっていけるんでしょうか????

 

でも、実は少し前に私は自分がCクラスになることは知っていたのです。

 

ココだけの話・・・

 

事前に事務局の方から打診があったのです。。。。

 

 

毎年2月頃になると事務局から講師宛にアンケートが回ってきます。

 

・来期も講師を続けられますか?

・来期は何クラスを希望されますか? etc・・・・

 

この時に希望クラスを記入しているとかなりの確率で希望は叶えられます。

私がアンケートに記入した希望クラスはBクラス。

自分では 『来期はBクラス』 と信じて疑わなかったのに・・・

 

ある時私の携帯に事務局の担当の人から電話がありまして・・・・

 

今、講師のクラス分けをしているのだけど、

どうしてもCクラスを担当していただく一人について悩んでいる。

各クラス、年齢・講師経験年数を考慮してバランスよく配置したい。

そこで、今年3年目になる ひさみんさんかNさんにCクラスを担当してほしい。

Nさんは2年連続Aクラス担当、でもひさみんさんはAクラス・Bクラス両方担当されてるので

まだCクラスに馴染めるのではないか。

通常、事前に了承を得ることはしないのだけど、A・BとCの間には明らかにレベルの差があるので

Cクラスを希望されてない方に担当していただくのは気が引けて。。。

他の3人の講師はとても経験豊富な方なのでちゃんとフォローしていただけるし、

ひさみんさんにとっても言い経験になると思うのですが。。。。。

などなど、必死に説得にかかられましたのよ。

 

正直すごく迷ったのですが、 『今年はチャンレンジの年!』 宣言をしたところ

このような話が来るとは、これは 『チャレンジせよ!』 と言うことだろうと思って

ビビリながらもお受けいたしました。

 

そして2週間前のミーティングで明らかになった一緒にクラスを担当する他の3名は

事務局の方がおっしゃった様にベテラン揃いで有難いやら恐縮するやら。。。

 

クラスごとに分かれてのミーティングでは 他の先生を前に即効謝りましたよ。

 

『すみません、私きっとダメダメの授業になると思うのでフォローよろしくお願いします。』

 

でもみなさん優しくって

 

『そんな事ないよ。 できるよ。 頑張りましょう』 って言ってくれましたよ。

 

ううううっ。。私、頑張ります!!!

 

でもね、どのように授業進めるかって話してた時に

 

『Cクラスでも文法分かってない人いるよね。。。

動詞のⅠグループ・Ⅱグループもわかってないしね~』

 

サ行変格活用・カ行変格活用   自動詞・他動詞   尊敬語。。。

 

ええっと、私も分かりましぇーん。

習った気がするけど・・・

 

やっぱり、生半可な気持ちでは無理だと悟った瞬間です。。。

 

 

そして開校式。

 

Cクラスには12名の生徒が入ってくれました。

Bクラスから上がってきた人が大半なので結構知ってる人ばかり。

中にはもう勉強しなくていいんじゃない?って位ペラペラな人も・・・

 

すごく楽しいクラスになる予感がしてワクワクすると同時に

講師としてのレベルの差を実感してパニクってます。

 

マジで勉強しなくっちゃ・・・・・

 

1年後に成長した私がいるのか?

落ち込んでボロボロになってる私がいるのか?

 

どうなる ひさみん?

 

 

 


2010.04.11 Sun l なんとか日本語講師やってます l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。