上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

私は結構物持ちがいい方である。

 

洋服でも10年前に買ったものを未だに着ているものがある。

いや、冬、部屋着として着ているカーデガンは下手すると

15年は経ってるかな。。。。

 

そんな私が毎日使っているキーホルダーがこれ。

 

furu1.jpg 

なにやら金色の薄汚れた物体。

これは鈴である。

 

思い起こせば19年前、四国は高知県に旅行に行った。

その時に桂浜の近くのおみやげ物屋さんで買ったこの鈴。

買った時は真っ黒で坂本竜馬の漫画チックな絵が描いてあった。

鈴の名目も“お守り鈴”だったような。。。

 

それからかなりの年月が経ったけど、この鈴を離せない理由。

それは鈴の音が大きいこと。

忘れ物が多い私、かばんを振るとキーが入ってたら“チャリチャリ”と音がする。

入ってないと当然しない。

かばんを振るだけどわかるのでとっても便利なのだ。

 

それと鈴を買ってからの数年。

色んな意味で私には激動の数年だった。

それを見続けてくれたのがこの鈴。

色がはげて、表面がボコボコになっても今更はずせない鈴。

 

金属だから腐ることも無いだろうし、このままいくと

死ぬまで一緒?

 

ま、これからもヨロシクたのみます。鈴君。

 

と書きながら気が付いた。

キーの写真、上部の黒い頭のキーの右となりのあるハート型のキーホルダ。

一応ティファニーのキーホルダーなんだけど、

あら、やだ、これも19年ほどもってるわ。

 

当時勤めてた会社の上司がホノルルマラソンに行った時に

お土産としてくれたもの。

間違ってもその上司の事が好きだからというわけではなく、

初めてもらったティファニーで、シンプルで気に入ってたからと言うのが理由。

 

どんなものでもココまで使い続けると愛着がわくものですね。

 

年代物と言えば、我が家に鎮座するこれもかなりの年代物。

 

昭和の香りプンプンのテレビです。

furu2.jpg 

 

これは旦那さん専用のテレビ。

彼のおばあちゃんの形見です。

あ、ばーちゃん、まだ健在だったんだ、98歳で。

 

furu3.jpg 

 

当然リモコンではなく、スイッチは引っ張ったり押したりするもの。(一番したのポッチ)

チャンネル変えるのは(上部)ガッチャンガッチャンと手で回すのです。

多少画像は悪いものの立派に現役です。

コチラは地デジになると用無しですがそれまで頑張ってもらいましょう。

 

みなさんも古い物を大切に!

2008.09.16 Tue l あれこれ l COM(4) l top ▲

コメント

No title
実は私も、けっこう物持ちいいんです こないだ高校時代に買ったTシャツを息子のパジャマにあげました (爆) スカート類は、10年選手もざらです でも最近キツくてはけなくなってきた。。。(TxT)
今使ってるお財布は15年前のです!!  古いもの、捨てらんないですよね~
ひさみんさんの鈴はすごいですね~ あとそのテレビ、映るのがすごいっ!!
ティファニーは、なんかドラマを想像しちゃいましたよ ひさみんさんの青春の1ページ。。。 ホントになんでもないの~???
2008.09.17 Wed l だいずママ。. URL l 編集
No title
★だいずママさん
いや~、だいずママさんの方が上手みたいですね!
お財布の15年は脱帽です。
上司の件は天に誓って何にもありません!
どちらかと言うと嫌いだったかも。
(そこまで言うか?)
あの頃は仕事にも恋にも(キャ)精一杯生きてたので
その残像を感じていたいのかも・・・
2008.09.18 Thu l ひさみん. URL l 編集
No title
ひさみんさんは嫌いでも、ティファニーをお土産に買ってくれた上司は、
きっと好きだったと思うわ。(爆)

このテレビはすごいですね。
けど赤だし可愛いかも^^チャンネルもスイッチも壊れてないんですね。
うちに昔あったのは、引っ張り過ぎてスポッと抜けたりしてたな~。
なんか懐かしい^^
2008.09.18 Thu l マルコ. URL l 編集
No title
★マルコさん
え、上司が私の事好きだったって?
そうなのかしら?
絶対願い下げだけど(そこまで言うか?)

年代物と背中合わせに“レトロ”って言葉があるもんね。
オークションに出したら結構良い値がつくかも?
2008.09.18 Thu l ひさみん. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。