上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今、私の身近なところで 癌 と戦っている人が2人います。

一人は身内の人間。
でも本人は至って前向きで
二つの癌と戦ってますが告知した時も
『手術したら治るんやろ!』 と言い、術後の抗癌剤治療でも
『これで癌はもう消えたから!』 って常にポジティブそのもの。

実際のところ抗癌剤治療が終わって検査したところ癌細胞は
『大きくも小さくもなっていない状況』
薬で進行は抑えられてるので今後も飲み薬での治療を継続。
でも本人は至って元気。
顔色も艶もよく、会うたびに他の誰よりも元気でこちらが励まされてます。

私もこういう風に生きたいな~。って思います。


そしてもう一人は友達Mちゃんの旦那さん。

友達の旦那さんといってもその二人をくっつけたキューピット役の
友達グループの中に私も入っていて、交際期間中も何かと相談に
乗っていたのでとても身近に感じているのです。

今から5年ほど前に結婚したMちゃん。
関西から周りに知り合いのほとんどいない関東に引っ越しての結婚生活。

何事も前向きに頑張る彼女だから子供も出来、家族三人で幸せに暮らしていると
思ってたのに、去年久々に届いたメールには旦那さんの病気の事が書かれてました。

今から約一年前の手術の時点で先生から “余命1~2ヶ月” との宣告。

その宣告を受けながら彼女は気丈にも3歳の子供の面倒を見ながら
献身的な看病を続けその後旦那さんは退院。
去年の秋には一時的に職場復帰も果たしました。

彼女とは約13年ほど前に知り合ったのですが
私にすごく良い影響を与えてくれた友達です。
そう、色んな意味において人生感を変えるほど。

彼女の私に対する叱咤激励が無ければ今の私が無いと言えるかもしれません。

そんな彼女は自分が大変な状況のなかでも
私や周りの人の事を気に掛け、今でも叱咤激励をしてくれます。

お互いの全ての状況を分かち合える友を持つことが出来るって
素晴らしいことだなって思います。

その彼女の旦那さんの病状がここに来てかなり厳しいものになってきました。
最初の余命宣告から1年。
奇跡を起こしてきたんです。
ここで奇跡を終わらせるわけにはいきません。

このブログをMちゃんは見ていないとおもうけど、

Mちゃん、旦那さん、頑張れ。

私も祈ってるからね。







2008.04.26 Sat l あれこれ l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。