上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

最近思うわけですよ。


私の人生このままで良いのか?と。


別にそんな大きな悩みがあるわけでもないんですけどね。


何か些細な楽しみを増やしていこうと思って目覚めたのがこちら↓


20070602203408.jpg


アルコールに強くない私が唯一『美味しい!』と思って飲めるのが


ワイン


でもいつも飲むのは ドイツワインの白・甘口


という、ワイン通の人にしてみれば “お子ちゃま” といわれても仕方が無い感じ。


ではワインの世界をちょっと広げて色々試してみようじゃないか!


赤も試してみようじゃないか!


といっても自分でワインを選んでも良くわからないし・・・


そこで、近所にあるワインショップに行ってこオーナーさんにアドバイスしてもらって
買ったのが上の2本。


チリ産の赤ワインとドイツ産の白ワイン。(どちらもハーフボトル)


赤は渋みが有って苦手だったんだけど、オーナー曰く


『赤は空気に触れさせると驚くほど美味しくなるよ』


『一度赤の美味しさを覚えると赤ワイン派に変わるよ』 との事。


『でも美味しい赤ワインを飲まないとまた拒絶するかもしれないから
コレなんか良いんじゃないですか』
 と選んでいただいた。


旦那さんが珍しく出張でいなかった夜にパスタにあわせて赤ワインを飲んでみました。


20070602203424.jpg


最初飲んだときはやっぱりちょっと渋くって。。
でもグラスを回したりして空気に触れさせて・・・・


しばらく置いて飲んでみると。。。


うんっ? 渋みが少なくなってる?


もうしばらく置いてから飲んでみると。。。


な、何なんだ、コレは・・・う。。。美味い===。


時間を置くとこんなにも味が変わるのか?
すっかり赤のとりこになってしまったかも。。。。


2日程に分けて飲もうと思ってたのにあまりの味の変化が面白くって
ヘロヘロになりながら飲み干した。
ハーフボトルですけどね。


結果・・・・・・


ソファーにぶっ倒れまして、軽い頭痛で気がつくと夜中の2時半。


いや~、赤ワインで美味しいんですね!
オーナーに選んでいただいて正解!


また買いに行きますのでアドバイスお願いします。オーナー。


これでのんべえの道へまっしぐら?


 

2007.06.02 Sat l 趣味 l COM(8) TB(1) l top ▲

コメント

そのうち専用グラスやデキャンター買って来たりして。
 ̄m ̄ ふふ
ただ、ワインは保存の問題上、酸化防止剤が入っていることがほとんど。
これがね、頭痛を引き起こしやすいんですよ。
だから、なるべく入ってなさそう(或いは少なそう)なものを選んでもらうことをお勧めします。
2007.06.04 Mon l hiyochan. URL l 編集
私は、ワインは最初に赤を飲んだので
「ワイン=渋い」という方程式が成り立ってしまって、以来、まったく飲んでないです…
それも確か学生の時…(遠い目/爆)

ひさみんさんの体験談(!?)を聞くと、もう1回だけチャレンジしてみようかなーという気になっちゃいます…
2007.06.04 Mon l ヒロコ. URL l 編集
うわー。
下戸のわたしを置いてってしまうのね・・・(泣)

オトナになってしまうのねぇ~~(笑)
2007.06.04 Mon l ふーたまま. URL l 編集
うわー!
ひさみんがワインなんて飲んじゃって、大人の女になってるぅ~~
それも赤ワインなんて飲んで、「おいしい」とまで言ってるぅ~~

赤はおいしいワインは、マジでおいしいよなー
昔、私の誕生日に高級ホテルのレストランで3万円の赤ワインを飲んだのさ。
おいしいからグビグビいっちゃって、だんだん気分が・・・
もうダメだとトイレに駆け込んだとたん、口からゲロが噴出して・・・
トイレは私のゲロだらけ・・・
そのままトイレで意識をなくして大変やったなー
あぁ・・・お恥ずかしい・・・
それからワインは要注意さ。
2007.06.05 Tue l kaori. URL l 編集
蒸留酒とちがって醸造酒はダイレクトにアルコールが回らず、
一拍遅れてくるから、酔ったと思った時には、許容量越した量がはいってるのでね~。危ないんですよね。
不純物(そこがうまみ部分でもあるんだけど)も多いから悪酔いしやすいのでね~。
解ってるのに、酒飲むと忘れちゃうのよね~。
あは。みなさん気を付けてね。
2007.06.05 Tue l hiyochan. URL l 編集
★hiyochan
はい、専用デキャンタまでは行かなくても
良いワイングラスが欲しくなってます。
問題は酸化防止剤ですね。了解!
これからもご指導お願いします。
師匠!

★ヒロコさん
是非是非チャレンジしてくださ~い。
その場合は専門家に選んでもらったほうが良いですよ。
お値段も手ごろだし。(私が飲んだので600円位)

それで、少し大きめのワイングラスで揺らせて空気に
触れさせてくださいね。

10分置き位に飲み比べると面白いくらいに味が変わりますよ!

★ふーたままさん
ついてらっしゃい!(笑)
といってもワインだけなんですけどね。
今からさらに女を磨こうと思っております!

★かおりん
ふふふ、今度会うときまでに大人の女に変身よ。
ココでかおりんのゲロ話が聞けるとは。
その昔って・・・
例のバブってた時?

★hiyochan
先生、またまた勉強させていただきました。
ふむふむ。
それで私も気がついたときにはぶっ倒れてしまうんですね。
コレを肝にぶっ倒れる前にストップできる用に精進します。
2007.06.05 Tue l ひさみん. URL l 編集
おお
赤ワインに目覚めたのですね。
これからの季節、冷やした白をきゅっといくのもいいけど、ワインはやっぱ赤とも思います。

酸化防止剤は昨今の流れからすると、そこそこの値段のものを買えば大丈夫なことも多いですが、私は最近は自然派のビオワイン一辺倒。あまり翌日に残りません(気のせい?)。

慣れてくると好きな品種とか分かってきて面白いですよ。
2007.06.05 Tue l mskyoko. URL l 編集
★mskyokoさん
はい、赤に目覚めてしまいました!
一緒に買った白は冷蔵庫でしっかり冷えてます。
いつ飲もうかな・・・
ビオワインですね。今度挑戦してみます。
早く好みの品種を見つけられるくらいになりたいですね。
いつのことやら・・・・
2007.06.05 Tue l ひさみん. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hisamin.blog64.fc2.com/tb.php/178-59d06a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとまりがよくスッキリしていて雑味がなく、しっかりと芯のある味でとても美味しいです。フルーティーで飲みやすい、大好きなワインです!ワイン好きな父に贈りました。父の日に喜んで貰えて良かったです。【当方のブログにて楽天ポイントプレゼント中!】コノスルシリーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。