上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

恐怖の親知らずの抜歯から無事生還いたしましたです。

実際2年前に右下の親知らずを抜いた時に比べると楽勝!
抜歯後の麻酔の腫れもなく・・・
同じ病院だったのに、先生が何人かいるので今回の先生が上手だったんだろうか?

“思ったより楽勝やったわ~”と言って帰宅すると


旦那っちが『ちぇっ。。。』と言った気がするのは 気のせい でしょうか?


でも流石に抜歯中は身体ガチガチで、今は脱力感でいっぱいです。。。。


そんな時に触れる話題ではないんですが・・・・


最近某大臣の“女性は子供を産む機械”発言が何かと話題になってますね。
ま、この歳で子供がいない私はさしずめ“欠陥商品”“不良品”ってことでしょうか?


って、このような揚げ足を取ることは置いといて・・・


今回私が気になるのはこの発言もさることながら、それを聞いた女性議員の張り切り様。


皆さん、さも“私たちが全女性の代表よ!”という感じで噛み付いてますね~。
でもその方たちの顔ぶれや態度を見ていると、なんだかな~、と思うわけで・・・・


トップを切って噛み付いてる女性議員に限って講演会で中年男性を
“粗大ごみ”だの“産業廃棄物”にたとえて笑いをとっていたらしいですね。


それなのにその発言は社会的にぜんぜん取り上げられることも無く、
今回の男性側からの発言だけこんなに大きく取り上げられる。


女性の私が言うのもなんなんですが、
これってちょっとおかしくないかい?と思う今日この頃。


“男女平等”だの“男女共同参画”だの言ってますが、
どーも、一部の女性が執拗にこの言葉にこだわって盾にしてる気がするのは
私だけでしょうか?


今回のように同じような発言をしても女性側は自分たちの事を棚に上げて
ここぞとばかり男性側を攻め立てる、これってどーなんでしょう?
(あくまでも今回登場してる女性議員の事ということで)


“男女平等”っていったいなんなんでしょうね~?


そりゃね、女性でも実力のある人はどんどん社会に出て行って当然だし、
実際私も仕事に関しては男性にも負けてないつもりでやってますよ。


でも全てにおいて男女平等ってありえないわけで、

“私は部下が出来たからお茶汲みなんてしないわ!”

って言う人がいたらそれはいかがなものかと思うんですよ。


そういう人は部下に男性社員しかいなかったら男性にお茶汲みを
させるんだろうか?


仕事場にお客さんが来てね、男性がお茶を出すより女性が “ど~ぞ” って出すほうが
相手は気持ちが良いじゃないですか。


自分のポリシーも大切だけどそれより相手がどう感じるか
大切ではないかと思うわけで、
今回の噛み付いてる女性議員を見ていると、
“この人達、男性にもお茶汲みさせるだろうな。。。”
と思ってしまうのである。


男と女ってね、生まれもって違うわけですよ。
力仕事は男性にはかなわないと思うし、
反対に女性にしかない心配りや女性であるがゆえに出来る事もあると思うし、
お互い理解し、認めて、補って、
共存していくのが“男女平等”
だと思うのですが
いかがなもんでしょう。(あくまで私の個人的な考えですが。)


若かりし頃、車の運転を始めた時にパンクしたらどーしよう、と思ってたら
とーちゃんに言われました。


『そんな時はな~、困った顔して車の外で立っとくんや、
そしたらワシみたいなおっちゃんが助けてくれるわ~』


そして実際パンクした時に困った顔で車の外に立ってると
どこかのおじちゃんがスーパーマンのようにやってきてサッサッサ~と直してくれましたのよ。


この時『女でよかった~』としみじみ感じた訳で、(えっ?それは若かったからか?)


男女平等!とかにこだわらず女の武器を使って生きる事にしたひさみんです。
(この歳でも大丈夫か???)

だってその方が楽なんだも~ん。


では私の娘たちはどうでしょう?


20070203203630.jpg


20070203203640.jpg


マジでひめは男好きなんですよ。
男の人にしか寄っていかない、肩に乗っては顔をぺろぺろする・・・


私は彼女を “淫乱ねこ” と呼んでます。。。


 


 

2007.02.03 Sat l あれこれ l COM(5) TB(0) l top ▲

コメント

親知らずの抜歯は、上の方は結構楽です。
下の方が難抜歯になる事の方が多いですよ。

生え方にもよりますけれど。

それから、口の中の傷は、体の傷と同じです。
出血して、血ぺい(カサブタね)が出来て、傷口を保護し、治癒していきます。
口の中は唾液と血液が混ざるので、出血が多量にあるような気がしますけど、
透明な唾液と赤い血液では、赤い色が目立ってしまうので、血液が多く感じるのです。
(コップの中の水に、一滴赤インクを垂らしたら、見た目赤い水になるでしょ?)

その度にうがいをしたりしてしまうと、血ぺいが出来ずに傷口が露出して反って傷の治りを悪くしますので、異常な出血以外は普通に^^


んで。
男女平等ですが・・・

昔の様に「男は上等、女は下等」では問題はあると思いますが、
そうでなければ、ひさみんの考えにσ(*・ω・*)おいらも近いですね。

男と女。
生まれた時点で、違うんですから。
体や持ってるものがね。

どっちが楽とは言えないと思いますが、違うものなんだと思います。
違うものを一緒には出来ないと思います。

じゃあ…
赤ちゃんも成人もお年寄りも 同じ人間。
何もかも一緒に出来るのか!
って位な話だと思いますけど(笑)

誕生日覚えててくれてありがとね~e-266
とうとう追いついたわwww
2007.02.03 Sat l かおぽ. URL l 編集
一般的に下より上のほうが楽なんですよ~、って書こうと思ったら
↑かおぽさんがすでに詳しく書いてくださってたので割愛(笑)
その通りです。(笑)
とにかく、無事終了おつかれさま~!

女だから、男だから、って言うよりも・・・
強いものが弱いものを守る、助ける。
余裕のあるものが余裕のないものをフォローする。
できるものができないものを教える。
それがわたしの考え方の基本ですわ~(笑)
2007.02.04 Sun l ふーたまま. URL l 編集
男女同権より大事なこと
初めてコメントします。
学生時代にウェイターの経験がある私はお茶汲み自体には何の抵抗もありません。その時に手が空いている人がやればいいだけの話です。逆に「女性にお茶汲みしてもらった方が気持ちいい→男性に汲んでもらうといい気はしない」という考え方の方がいかがなものか?と疑問に感じます。個人的には男性女性どちらに持ってきてもらったかなんて事は、そのお茶が美味しいかマズいかに比べれば取るに足らない小さな問題です。

問題発言の大臣を追及している女性議員をみていて思うのは「本当に追及するつもりがあるのかどうか疑わしい」くらいに追及がヘタだという事です。次の選挙に向けての国民へのアピールのためにテレビにより長く映っていたいだけに見えます。
2007.02.04 Sun l トム. URL l 編集
親知らず無事抜けてよかったですね。
でも、その後のでかい穴がふさがってくるまでめちゃ気持ち悪いですよね。

いつもの女性議員らは言っている内容はさておき、ヒステリックになってるとこがまず駄目だ。どうせ追い詰めるならもうちょっと冷静に理路整然とできないものかね・・・

お茶はトムさんと同意見かも。私の前いた会社は完全男女同権で、しかも女性がめちゃ多い職場でした。当然上司も女性だらけ。ペーペーの男の子がよくコーヒー入れてくれました。イケメンの若い子がにっこり笑ってコーヒー出してくれるのはいいものですよ(セクハラ発言か)どっちが入れるかより、笑顔で美味しく入れてくれたら場が和む。
2007.02.05 Mon l KYOKO. URL l 編集
★かおぽ
上の歯を抜くほうが楽って言われれば本当だよ~。
日ごと楽になってくるよん。

>誕生日覚えててくれてありがとね~
>とうとう追いついたわwww

この歳になると誕生日は遅いほうが良いな~。
また今年も1歳年とってしまうな・・・

★ふーたままさん
>強いものが弱いものを守る、助ける。
>余裕のあるものが余裕のないものをフォローする。

そうですね~。
ああ。私は今色んな意味で余裕がないっす。
だれか助けてくれないかな~。

★トムさん
お初の書き込みありがとうございます。
そうですね~、お茶は誰が入れてくれても気持ちがこもってたら
良いもんですよね。(私は根がオヤジなもんで・・・)
女性議員のヒステリックな追及は本当に見ていてげんなりです。。。

★KYOKOさん
>でかい穴がふさがってくるまでめちゃ気持ち悪いですよね。

は~い、今まさにその状態。気持ち悪いです。。。。。

>イケメンの若い子がにっこり笑ってコーヒー出してくれるのは
>いいものですよ

きゃ~、私もV6の岡田君見たいな子がコーヒー出してくれたら
“即、商談成立!”って言ってしまうかも。。。(やっぱこれセクハラ?)
2007.02.05 Mon l ひさみん. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hisamin.blog64.fc2.com/tb.php/129-58be109e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。