上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

昨夜はネットの調子が悪くて更新サボってしまいました。

ま、ムリしないでって事で!


しばらく日本語教室の事を書いてませんでしたが、
今年もしっかりやっておりますよ。

さすがに3年連続 Cクラスともなるとほんのすこし 心に余裕 慣れてきて
落ち着いて授業ができているのではないかと思う今日このごろです。

教える内容は同じでも生徒は毎年違うのでクラスの雰囲気もガラリと違ってきます。

Cクラス最初の一年目は私がガチガチに緊張している分、クラスのみんなが明るくて仲良くて
本当に救われたな~。

講師陣も仲良くて、カラオケや、パーティーや、遠足や。。。
本当にこんな仲のいいクラスはありえへん!ってくらいまとまったクラスでした。

その時のメンバーとは今でも交流があります。


そして2年めは、またもやみんな仲良かったけど全年に比べると
おとなしい生徒もいて、でもはしゃぎ過ぎず程々に仲良く、
気持ち良く1年を過ごさせてもらいました。


そして3年めの今年、今のクラスは一言で言うと・・・

『すごく真面目』

あまりはしゃぐ人も居ず、みんな真面目に勉強に来てます!って感じです。


去年から授業の最後に毎回宿題を出してるのですが、今年は宿題の提出率が非常に高~い。
バタバタして渡し忘れてたら生徒の方から

『先生、今日の宿題ください』 って言ってくるしね。

『休んでた時の宿題もください』 って言う生徒までいて講師陣ビックリですよ!!

そんな今年の授業も後2回。。。。(私の授業担当は既に終了)

3月17日の 『スピーチ大会』に向けて頑張るのみです。


ああ。。。一年って本当に早いな~。。。。


スポンサーサイト
2013.02.26 Tue l なんとか日本語講師やってます l COM(0) l top ▲

得意の 『続く・・・』 で終わってから早数日。

時間が流れるのが早いわ~。

で、 『日本語教室』 今年の私のク担当クラスはと言いますと・・・

これが 予想外 でしたの==。


今まで2年連続Cクラスを担当したので
さすがに3年連続はないだろう。

事前のアンケートの意向調査では 『どのクラスでも良い』 に丸を入れた。

聞くところによると Bクラス を希望している人が多いらしい。

では私はきっと 超初心者対象の Aクラス だろうと思ってたのに。。。

2月末に送られてきた資料に目を通すと。。。


今年も Cクラス担当 3年連続です。

ま、頑張りますよ~。


そしてもう一つ予想外の事が。

毎年来期の意向調査の時に 『今年限りで講師を終了します』ということで
辞められる講師が1~2名いらっしゃるのだ。

その方の代わりに新しい講師が入ってくるんですけどね。

今年はなんと辞められる講師が5名===。

過去最多じゃないですか?


13名の講師の内5名が辞められる。
残るのは8名。

そして来年あたり国際交流協会の方で日本語教室の運営が少し変わるかも・・・
その関係なのか、今までは1クラス4名の講師で回してたのが
今年はどのクラスも1クラス5名の講師による授業。

ということは全部で講師が15名。

結果、15名中7名が新人講師となる訳ね。
(過去に講師経験ありの方もいらっしゃいますが)

そして今年で講師歴5年目になる私は古株から数えて5番めになってしまいました。

経験だけでいうと中堅やん~。

まだまだ中身が伴っていないな。。。。


Cクラスも新しい講師が2名加わります。
でも話を聞くと以前に講師経験あり。とか、日本ではなくても中国で教えてたとか、
結構強者では?


今年も1年勉強させてもらいますわ~。

2012.03.21 Wed l なんとか日本語講師やってます l COM(0) l top ▲
今回で4年目を迎えた『日本語教室』の講師ですが、
先週の木曜日をもって無事1年間のカリキュラムが終了しました~。

パチパチパチ==。

1年目 Bクラス
2年目 Aクラス
3年目 Cクラス
4年目 Cクラス

と2年前予想外な事で泣き泣き担当したCクラスも2年目を迎え
今年は少し落ち着いて授業に挑めた気がします。

今年はクラスの生徒も多少の入れ替わりはあったものの8名前後と
授業をすすめるのには一番良い人数で、生徒のレベルも皆同じくらいで
それもいい感じに理解してくれてて授業が予定通り進む進む。

最後は予定以上に進んで残り2回の授業を残して予定の50課を完了するという
今までに無いくらいの優秀なクラスでした。

そして総まとめとして行われるのが

『日本語教室・スピーチパーティー』

Aクラス~Cクラスの生徒たちが勉強の成果を発表する場です。

残り2回の授業をスピーチの練習にあてられたのが良かったのか
もともと上手に話せるのもあって、みんな素晴らしいスピーチをしてくれました。

いつもながら 1年間頑張って良かっな~、 と思う瞬間です。


今年は生徒もいい人達だったけど講師のチームワークもすごく良く、
こちらも私にとっては今までの中で一番まとまって過ごせた講師陣だと思ってます。

全員が生徒の事を真剣に考え、自分の授業に関係ないときでも出席し、
(講師の強制出席は自分の授業とその前の授業です)
節目節目に飲み会をし、そこで色んな事を話しあい絆が深まっていった気がします。

4人の中では私が一番経験も知識も浅く、本当に勉強させてもらった一年でした。

このメンバーで勉強するのが終了するのは寂しいけれど
これも毎年経験すること。

4月には新しい学期が始まります。

新しい出会いの始まりです。

新たな気持で頑張ろう!



先日、協会から来期の運営についての書類が送られていました。

来期私がどのクラスを担当するか、どの講師の方たちと一緒にクラスを持つのか書いてあります。

そこに書かれてたクラス分けの結果は。。。


予想外~、の結果でした。


それは・・・・


得意の  続く。。。。。  おいっ!



2012.03.11 Sun l なんとか日本語講師やってます l COM(0) l top ▲
昨日の日本語教室は私はサポート講師、
ベテランのF先生の授業でした。


昨日の授業の勉強項目は

“あげもらい” の表現 でした

あげもらい とは あげます もらいます の事。

この表現は重要かつ外国人にはややこしいので
Aクラス・Bクラス・Cクラスとそれぞれに応じた項目として
出てきます。

Aクラスは一番基本の形

・私は友達にプレゼントをあげました。
・私は友達にケーキをもらいました。


Bクラスは

あげます もらいます に くれます が加わります。


Cクラスになると自分と比べて相手が目上かどうかなど、関係性によって言い方を変えます。

目上には  ・私は大学の教授に本を差し上げました
同等スラク ・私は友達に本をあげました
目下関係  ・私は弟に本をやりました。

この時、目下の人でも最近は やりました を使わないで あげました 
使う事が多い事を説明します。

何せテキストは何年も前に作られてるし、日本語も時代とともに変わっていくからね。。。


でも、その時に説明するのが

“ やります を使うのはペットとか動物に対してが多いですね~ ” と言うこと。


 『犬に餌をやります』 と言います。 ” と先生は説明するわけですよ。



私にしてはちょっと待った===。ですよ。

レイドは私の娘なので やる なんて言葉は使いませんよ。

『犬に餌をやります』  → 『レイちんにご飯をあげます』 ですよ!
(日本語講師としていかがなものか)


昨日の先生は・・・・・

『最近はペットにもあげますと使う人もいますけどね・・』 と説明する


ハイハ~イ。ココにいますよ。そんな人間が!



私たちのクラスはサポートの先生でも授業にドンドン参加しましょうスタイルなので
思わず手を上げる私。

すかさず先生が 『ひさみん先生のワンちゃんは何ていう名前ですか?』 と聞いてきた。 

“レイドちゃんです” (この時点でペットにちゃん付けするなんて論外)

皆がクスクス笑ってる。

“お散歩に行くと 『レイドちゃんのお母さん』 と呼ばれま~す” (ますます論外)

またまた生徒達に笑われる===。


授業している先生も 

『そうなんですよ、最近はペットに対しても言葉の使い方が違ってきてますね』 

と苦笑い。


いいんです、皆に笑われても!

レイドの事になると私は “親バカ” でいいんです!


日本語講師としてはいかがなものかとおもうけどね~。


今日もレイちんに美味しいご飯をあげる為に台所に立ちます!

111015.jpg 






 
2011.10.14 Fri l なんとか日本語講師やってます l COM(0) l top ▲
今日は朝から

文化庁が行った2010年度「国語に関する世論調査」

の話題が結構テレビでとり上げられていた。


なんちゃって日本語講師としては気になる内容である。

・最近の若者はほとんどの人が “寒い” と言わずに “寒っ” と言う

うんうん、コレは私も日常で使ってるな~。

“寒っ” “暑っ” “高っ” “安っ”

関西人で使う人が多いそうだ。
なんとなく納得。
 
だって、喜怒哀楽表現がオーバーな関西人にとっては
最後を “っ” で止めた方がより会話にメリハリが出る気がする。



・ “ら抜き言葉” は問題視されて数年たっている。


私も日本語講師やってるもんで一応気をつけて話してはいるものの
気を抜くと色々怪しいところもある。


日本語講師を初めて4年目のワタクシ。

一緒にCクラスを担当している他の3人の講師の方は
それはそれは素晴らしい方々で、
国際交流協会に所属しているクラス担当講師16名の中でも
トップクラスの方たちだ。(←ひさみん感覚)

日本語の知識だけでなく人間性も良い方たちばかり。
気軽に “私たち講師の交流も深めましょう~” と機会があると食事会&飲み会を催す。

年齢も性別も違う4名。
話題も豊富で プライベートな事から、日本語教育の現場、生徒達への指導方法など
会話はとても盛り上がる。

でも、講師達の集まりだからこそ私は日本語の使い方に気を使う。
別にチェックを入れられるわけでもなく、無礼講なのだが気を使う。

そんなところで “ら抜き言葉” なんて使おうものなら・・・・

そんな風に気にしてたら一体何が正しい言葉使いかわからなくなる事もある。

な~んて、気にしてても酔っ払ってくると結構めちゃくちゃな日本語使ってるんだけどね。



早いもので今年の日本語教室も約半年経過。

楽しい生徒たちと、講師の方に助けられながら何とか頑張ってます。

他の講師の方たちがベテランだからとっても勉強になるものの、
自分の授業の進め方のダメダメぶりや、知識の浅さに落ち込むのも多いのが現実。。。。

まだまだ勉強ね。。。


2011.09.16 Fri l なんとか日本語講師やってます l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。